●第117回 同窓会総会出発式あいさつ [NEW]
●第116回 同窓会総会 ●第116回 会長挨拶
●第115回 同窓会総会出発式 ●第115回 同窓会総会代表幹事あいさつ
●第114回 同窓会総会出発式 ●第114回 同窓会総会代表幹事あいさつ ●第114回 同窓会総会
●第113回 同窓会総会出発式   ●第113回 同窓会総会代表幹事あいさつ   ●第113回 同窓会総会
●第112回 同窓会総会出発式   ●第112回 同窓会総会  
●第111回 同窓会総会出発式   ●第111回 同窓会総会  
●第110回 同窓会総会出発式    
●第109回 同窓会総会代表幹事あいさつ ●第109回 同窓会総会  
●第107回 同窓会総会    
 第113回 同窓会総会
2012年10月吉日

 平成24年9月2日(日)に開催いたしました第113回同窓会総会はお陰をもちまして無事に終えることができました。これもひとえに同窓生の皆様をはじめ、母校豊浦高等学校関係者の皆様、広告協賛企業の皆様の絶大なるご支援とご協力の賜物と、当番幹事の83期・84期・97期・105期を代表して、ここに謹んで深謝申し上げます。
 9月とはいえ残暑厳しい総会当日でしたが、本年も会場を覆いつくすばかりの同窓生の皆様に足をお運びいただき、「これぞ豊浦」と言える大変熱気溢れる総会となりました。
 本年の総会コンセプトは「継(けい)~想いは世代を越えて~」といたしました。同窓会総会を「いろいろな想いを継ぐ」場ととらえ、豊高への「想い」、同窓会への「想い」を再認識する場、豊高同窓生としての仲間意識をさらに高めてもらう場、そして未来永劫に継続していける場、そのような同窓会総会となることを目標としました。
 このため同窓生としての一体感を醸成する「TOYORA」の文字が鮮やかなオリジナルデザインマフラータオルを制作・配布したほか、若い人たちへの参加促進を願い今年3月に卒業したばかりの第113期同窓生を招待するとともに、各期ごとに想いを自由に書き込めるノートを配付するなどいたしました。決して華美な出し物、気の利いた演出等はない同窓会総会でしたが、原点に立ち返り、私どもの目指すコンセプト「継」を盛り込んだ内容になったものと思っております。そしてこの想いはサブ幹事の84期にしっかりと引き「継」いだものと確信しております。
 84期がメイン幹事となる来年の第113回同窓会総会は平成25年9月1日(日)に開催されます。来年も多くの同窓生の皆様と元気でお会いできますことを、そしてまた校歌を一緒に高らかに歌えることを願ってやみません。同窓生の皆様のますますのご健勝とご多幸を心から祈念申し上げ、総会開催のご報告に代えさせていただきます。

 

第113回同窓会総会 83期代表幹事 弘中 邦芳

 第113回 同窓会総会代表幹事あいさつ  
 2012年4月吉日
我々、豊高同窓生が母校に抱く「想い」、同窓会に寄せる「想い」は、世代もしくは個人によって多少の相違もあり、必ずしも画一的なものではありません。しかし捉え方の違いこそあれ、それらの「想い」は同根より派生したものであり、今でも拠り所や基軸となっています。 

また、人格形成に大きな影響を与えてくれた母校に対して感謝や懐古の念を抱く人もいれば、人とのつながりを通じて縁の巡りを実感する人もいることでしょう。新聞などで豊高の活躍などを目にすると、自然と目尻が下がる人も多いことと思います。母校に対する想いは、形は違えども一人ひとりの心の中で確実に息づいているはずです。 

今回、我々がコンセプトとして取り上げた「継」(けい・つぐ)という文字は、「継続」や「継承」に代表されるように、“あるもの”が次の世代や後任、あるいは次の段階へ引き継がれることをイメージさせるものです。先代から受け継いだものをしっかりと理解かつ実践し、次世代へ確実に託すことによって、“あるもの”は永遠に色褪せることはなくあり続けます。我々は、この“あるもの”を豊高や同窓会に寄せる様々な「想い」と位置付けたいと考えます。

こうしたことを踏まえ、我々は同窓会総会を開催するにあたり、第113回総会が「いろいろな想いを継ぐ」場と想定し、豊高への「想い」、同窓会への「想い」を再認識すると同時に、豊高同窓生としての仲間意識をさらに高めてもらうことを目標としました。 

各人に宿る「想い」を呼び起こすため、あるいはさらに強固なものにするため、昔を懐かしみ、今を語り合って、来るべき未来への指針にするといった、「本来、同窓会とは」という原点に立ち返った企画の熟考・実践に取り組んでいくとともに、幾久しく且つ盛大に同窓会総会が継続されることを願いつつも、若い世代がもっと多く参加する総会であってほしいという想いから、豊高らしさあふれる素晴らし総会を1年でも早く体験してもらいたいと、この春卒業の同窓生を招待することに致しました。皆様方の御身内やご近所にこの春卒業の方がいましたら、是非声を掛けて頂きますようお願い致します。 

先達より受け継いだ熱い想いを今、伝統という連鎖に乗せて次世代へしっかりと引き継ぐことこそが、当番幹事となった我々が果たさなければならない使命であるということを改めて感じているところです。 

第113回同窓会総会で我々の「想い」が遂げられるよう、幹事一同協力して頑張っておりますので、1人でも多くの同窓生にご参加頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。
平成24年4月吉日
第113回豊浦高等学校同窓会
当番幹事代表 弘 中 邦 芳
 第113回 同窓会総会出発式   
 2012年4月14日
第113回豊浦高等学校同窓会総会の出発式をご来賓に川上康男同窓会副会長をはじめ同窓会役員の皆様、並びに伊藤薫学校長をはじめ学校関係者の皆様をお迎えして、平成24年4月14日(土)にシーモールパレスに於いて開催いたしました。
今年の総会は『継(けい)~想いは世代を超えて~』をコンセプトとして掲げ、豊高への「想い」、同窓会への「想い」を再認識すると同時に、豊高同窓生としての仲間意識をさらに高めていただくことを目標に、平成24年9月2日(日)正午から海峡メッセ下関に於いて開催いたします。
同窓生の皆様に喜んでいただけますよう、83期、84期、97期、105期の当番幹事一同、誠心誠意、準備、運営にあたってまいりますので、どうか温かいご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

平成24年4月吉日
第113回豊浦高等学校同窓会
当番幹事代表 弘 中 邦 芳

川上副会長あいさつ

伊藤校長あいさつ

当番幹事代表あいさつ(右から83・84・97・105期)

各部会長あいさつ(右から広告・会員券・企画・会誌)

懇親を深める同窓生

校歌斉唱